■ 国際会議CEMS Topical Meeting on Emergent 2D Materials 2017 にて以下の発表を行いました。(RIKEN Saitama, Japan 2017.7.20-7.21)
  「Transport and optical properties of van der Waals junctions of 2D materials」(招待講演) Tomoki Machida
  「Electric field effect in NbSe2/graphene van der Waals heterostructure」 Yohta Sata(D3)

■ JEITA平成29年度先端電子材料・デバイス技術フォーラムにて招待講演を行いました。(東京 2017.7.19)
  「グラフェン/二次元結晶ファンデルワールス接合の作製と量子輸送現象」 町田 友樹

■ 国際会議13th International Conference Advanced Carbon NanoStructures(ACNS2017)にて招待講演を行いました。(Saint-Petersburg, Russia 2017.7.3-2017.7.7)
  「Quantum transport in van der Waals junctions of graphene and 2D materials」 Tomoki Machida

■ 博士課程3年の佐田君が国際会議Collaborative Conference on Materials Research (CCMR) 2017 にて招待講演を行いました。(Jeju island, South Korea 2017.6.26-6.30)
  「Electric field effect in van der Waals heterostructures based on graphene and TMD materials 」 Yohata Sata(D3)

■ 国際会議The 16th Annual UT2 Workshop "Materials and Processing for Future Technologies" にて以下の発表を行いました。(Tronto, Canada 2017.6.14-6.15)
  「Quantum transport in van der Waals junctions of graphene and 2D materials」 Tomoki Machida
  「Twist-angle aligned fabrication of graphene/h-BN van der Waals heterostructure」 Momoko Onodera(M2)

■ 国際会議SPINTECH IX (International School and Conference) にて以下の発表を行いました。(福岡 2017.6.4-6.8)
  「Dry transfer fabrication of magnetic tunnel junction built from magnetic atom intercalated TaS2」 Rai Moriya(特任講師)
  「Spin injection into multilayer graphene from highly spin-polarized Co2FeSi Heusler alloy」 Rai Moriya(特任講師)

■ 国際会議11th International Conference on New Diamond and Nano Carbons 2017(NDNC2017)にて以下の発表を行いました。(ケアンズ、オーストラリア 2017.5.28-6.1)
  「Mid‐infrared photoresponse in monolayer and bilayer graphene qauntum Hall sytems」 Tomoki Machida
  「Influence of impurity‐rich domain in h‐BN on optical and electrical properties of 2D materials above」 Miyako Isayama(M2)

■ 国際会議2nd EU-Japan workshop on Graphene and Related 2D Materials にて以下の発表を行いました。(バルセロナ、スペイン 2017.5.6-5.8)
  「 Quantum transport in van der Waals junctions of graphene and 2D materials」 Tomoki Machida

■ 講師の星君の研究成果がPhysical Reveiw B (Rapid Communication)に掲載されました。
  “Suppression of exciton-exciton annihilation in tungsten disulfide monolayers encapsulated by hexagonal boron nitrides”
  Yusuke Hoshi, Takashi Kuroda, Mitsuhiro Okada, Rai Moriya, Satoru Masubuchi, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, Ryo Kitaura, and Tomoki Machida
  Physical Review B 95, 241403(R) (2017)

■ 特任講師の守谷君の共同研究の成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。
  “Optical coupling between atomically thin black phosphorus and a two dimensional photonic crystal nanocavity”
  Yasutomo Ota, Rai Moriya, Naoto Yabuki, Miho Arai, Masahiro Kakuda, Satoshi Iwamoto, Tomoki Machida, and Yasuhiko Arakawa
  Applied Physics Letters 110, 223105 (2017)

■ 町田先生が生産技術研究所教授に昇進しました。

■ 佐田君(D2)の研究成果がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。
  “N- and p-type carrier injections into WSe2 with van der Waals contacts of two-dimensional materials”
  Yohta Sata, Rai Moriya, Satoru Masubuchi, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi and Tomoki Machida
  Japanese Journal of Applied Physics 56, 04CK09 (2017)

■ 2017年日本物理学会第72回年次大会にて以下の発表を行いました。(大阪大学、大阪 2017.3.17-3.20)
  「櫛形npn接合を用いたグラフェンにおけるバリスティック伝導制御」 森川生(D3)
  「グラフェンを電極としたNbSe2薄膜における超伝導臨界電流」 佐田洋太(D2)
  「カルコゲナイド系強磁性層状物質Cr1/3TaS2の伝導特性」 山崎雄司(M2)
  「面内磁場の誘起するABA三層グラフェンのランダウ準位反交差」 浅川友太(M2)

■ 2017年 第64回応用物理学会春季学術講演会にて以下の発表を行いました。(パシフィコ横浜、神奈川 2017.3.14-3.17)
  「hBN/単原子層WS2/hBN構造の励起子ダイナミクス」 星裕介(講師)

■ 森川君(D3)の研究成果がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。
  “Dirac fermion reflector by ballistic graphene sawtooth-shaped npn junctions”
  Sei Morikawa, Quentin Wilmart, Satoru Masubuchi, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, Bernard Placais and Tomoki Machida
  Semiconductor Science and Technology 32, 045010 (2017)

■ 第52回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにて以下の発表を行いました。(東大伊藤謝恩ホール、東京 2017.3.1-3.3)
  「Magnetic tunnel junction built from intercalated transition metal dichalcogenide ferromagnets with different magnetic anisotropy」 山崎雄司(M2)

■ 森川君(D3)の研究成果がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。
  “Comparison of magnetoresistances of triangular and rectangular ballistic graphene npn junctions”
  Sei Morikawa, Satroru Masubuchi, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, and Tomoki Machida
  Japanese Journal of Applied Physics 55, 100305 (2016)

■ 国際会議International Conference on Solid State Devices and Materials(SSDM2015)にて以下の発表を行います。(つくば国際会議場 2016.9.26-9.29)
  「Transport property of NbSe2/WSe2 van der Waals Junction」 Yohta Sata(D2)

■ 2016年 第77回日本物理学会秋期大会にて以下の発表を行いました。(新潟市朱鷺メッセ 2016.9.13-9.19)
  「NbSe2/WSe2 ファンデルワールスヘテロ接合における伝導特性」 佐田洋太(D2)

■ 第80回 半導体・集積回路技術シンポジウムにて招待講演を行いました。(東京理科大学 2016.8.23)
  「ファンデルワールス接合の作製と量子輸送現象」 町田友樹

■ 書籍「カルコゲナイド系層状物質の最新研究」(シーエムシー出版)が発刊されました。助教の守谷くんが以下の2章を書いています。
  第2編2章「カルコゲナイド系層状物質単結晶の劈開と転写によるヘテロ接合形成」
  第3編5章「カルコゲナイド系層状物質のスピントロニクス応用」

■ 国際会議The 22nd International Conference on High Magnetic Fields in Semiconductor Physics(HMF-22)(北海道 2016.7.25-7.29)にて以下の発表を行いました。
  「Quantum Hall effect in a slightly twisted bilayer graphene」 Satoru Masubuchi(特任講師)
  「Influence of substrate interactions on the optical properties of hBN/WS2 van der Waals heterostructures」 Yusuke Hoshi(講師)
  「Van der Waals assembly of layered ferromagnetic dichalcogenide」 Miho Arai(特任研究員)
  「Enhancement of resistance in ballistic graphene sawtooth-shaped npn junctions」 Sei Morikawa(D3)
  「Observation of crossing and anti-crossing of subband Landau levels in bernal trilayer graphene」 Yuta Asakawa(M2)

■ 国際会議The The 18th International Symposium on the Physics of Semiconductors and Applications, 2016 (ISPSA-2016)にて以下の発表を行いました。(韓国 2016.7.3-7.7)
  「Quantum transport in van der Waals junctions of 2D materials」(招待講演) Tomoki Machida

■ 日本真空学会ナノ構造機能創成専門部会第五回研究会にて招待講演を行いました。(東京工業大学 2016.7.1)
  「グラフェン・二次元結晶ファンデルワールス接合の作製と量子輸送現象」 町田友樹

■ 国際会議The 43rd International Symposium on Compound Semiconductor(ISCS2016)にて以下の発表を行いました。(富山 2016.6.26-6.30)
  「Quantum transport in van der Waals junctions of graphene and 2D materials」(招待講演) Tomoki Machida
  「Vertical transport in graphene/transition metal dichalcogenide van der Waals heterostructure」 Rai Moriya(助教)

■ Graphene Week 2016にて以下の発表を行います。(ワルシャワ、ポーランド 2016.6.13-6.17)
  「Josephson effect in van der Waals junctions of 2D layered superconductors」 Tomoki Machida
  「Manipulation of ballistic carrier trajectories in graphene by trianglar shape npn junctions」 Sei Morikawa(D3)
  「Observation of subband Landau level crossings and anticrossings in bernal trilayer graphene」 Yuta Asakawa(M2)
  「Tunnel magnetoresistance effect in van der Waals junction composed of layered material ferromagnets」 Yuji Yamasaki(M2)

■ 山口君(既に卒業)の研究成果がApplied Physics Expressに掲載されました。
  “Spin injection into multilayer graphene from highly spin-polarized Co2FeSi Heusler alloy”
  Takehiro Yamaguchi, Rai Moriya, Soichiro Oki, Shinya Yamada, Satoru Masubuchi, Kohei Hamaya, and Tomoki Machida
  Applid Physics Express 9, 063006 (2016)

■ 新しく修士課程1年生の諫山さん、小野寺さんがメンバーに加わりました。

■ Recent Developments in 2D systems(RD2DS-2016)にて招待講演を行いました。(沖縄 2016.4.4-9)
  「Quantum transport in van der Waals junctions of graphene and 2D materials」 Tomoki Machida

■ 大阪府立大学 ナノ科学・材料人材育成拠点 第33回N2RC拠点セミナーにて招待講演を行いました。(大阪府立大学 2016.3.29)
  「ファンデルワールス接合における量子輸送現象」 町田友樹

■ 第63回応用物理学会春季学術講演会にて以下の発表を行いました。(東京工業大学 2016.3.19-3.22)
  「高移動度グラフェンを用いたバリスティックかつコヒーレントな量子輸送現象の観測とその制御」【講演奨励賞受賞記念講演】 森川 生(D2)
  「転写プリント法による数原子層黒リン−フォトニック結晶ナノ共振器結合系の作製」 大田 泰友(東大荒川研究室特任准教授)

■ 2016年 日本物理学会第71回年次大会にて以下の発表を行いました。(東北学院大学 2016.3.19-3.22)
  「NbSe2/グラフェンファンデルワールス接合におけるアンドレーエフ反射」 矢吹 直人(M2)

■ M2の矢吹君の研究成果がNature Communicationsに掲載されました。
  “Supercurrent in van der Waals Josephson junction”
 Naoto Yabuki, Rai Moriya, Miho Arai, Yohta Sata, Sei Morikawa, Satoru Masubuchi, and Tomoki Machida
  Nature Communications 7, 10616 (2016)

■ 電子情報通信学会シリコン材料・デバイス研究会(SDM)にて招待講演を行いました。(機械振興会館 2016.1.28)
  「Van der Waals Junctions of Layered 2D Materials for Functional Devices」 町田友樹

■ D2の森川くんの成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。
  “Imaging ballistic carrier trajectories in graphene using scanning gate microscopy”
 Sei Morikawa, Ziwei Dou, Shu-Wei Wang, Charles G. Smith, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, Satoru Masubuchi, Tomoki Machida and Malcolm R. Connolly
  Appl. Phys. Lett. 107, 243102 (2015)

■ 新学術領域「トポロジーが紡ぐ物質科学のフロンティア」第1回領域研究会にて招待講演を行いました。(京都大学 2015.12.11-13)
  「ファンデルワールス接合における量子輸送現象」 町田友樹

■ CEMS Tipical Meeting on Emergent 2D Materialsにて招待講演を行いました。(理化学研究所 2015.12.11-11)
  「Quantum transport in van der Waals juncions of 2D materials」 Tomoki Machida

■ IEEE International Electron Devices Meeting (IEDM2015)にて招待講演を行いました。(Washinton DC 2015.12.7-9)
  「Van der Waals Junctions of Layered 2D Materials for Functional Devices」 Tomoki Machida

■ 国際会議The Application of High Magnetic Fields in Semiconductor Physics and Nanotechnology (HMF-22)のホームページが開設しました。
  http://www.hmf22.iis.u-tokyo.ac.jp/

■ レビュー論文がJournal of the Physical Society of Japanに掲載されました。
  “Edge-Channel Transport of Dirac Fermions in Graphene Quantum Hall Junctions”
 Tomoki Machida, Sei Morikawa, Satoru Masubuchi, Rai Moriya, Miho Arai, Kenji Watanabe, and Takashi Taniguchi
  J. Phys. Soc. Jpn. 84, 121007 (2015)

■ 第20スピン工学の基礎と応用(PASPS20)にて招待講演を行いました。(仙台 2015.12.3-2015.12.4)
  「spintornics in van der Waals heterostructure of layered materials」 守谷 頼(助教)

■ The 2015 International Symposium on Advanced Nanodevices and Nanotechnology (ISANN 2015) にて講演を行います。(ハワイ 2015.11.29-2015.12.4)
  「Quantum Hall effect in twisted bilayer graphene」 Tomoki Machida

■ 電気学会ナノエレクトロニクス新機能創出・集積化技術専門委員会にて招待講演をおこないました。(早稲田大学 2015.11.20)
  「グラフェン/二次元ファンデルワールス接合の作製とキャリア輸送現象」 町田友樹

■ ENS-UT Workshop on Physicsにて招待講演をおこないました。(東京大学 2015.11.18-11.19)
  「Quantum transport in van der Waals junctions of graphene and 2D materials」 Tomoki Machida

■ 博士課程2年の森川君が応用物理学会講演奨励賞を受賞しました!
  「高移動度グラフェンnpn接合を用いたエッジチャネル干渉系の実現」 森川 生(D2)
  https://www.jsap.or.jp/activities/award/lecture/dai39kai.html

■ 第2回ダイヤモンドシンポジウムにて以下の発表を行います。(東京、2015.11.17-11.19)
  「高移動度Twisted二層グラフェンにおける整数量子ホール効果」 増渕 覚(特任助教)

■ 原子層作製技術講習会を開催いたした。参加者の方々に原子層薄膜のへき開・観察方法を体験していただきました。(2015.11.18)
http://flex.phys.tohoku.ac.jp/gensisou/events-j.html

■ 7th International Conference on Recent Progress in Graphene (and Two-dimensional Materials) Researchにて以下の発表を行いました。(ヴィクトリア、オーストラリア 2015.10.25-10.29)
  「Josephson junctions fabricated from 2D layered superconductors」 Tomoki Machida
  「Observation of tunneling magnetoresistance effect inFe0.25TaS2/Fe0.25TaS2 van der Waals junction」(招待講演) Miho Arai(特任研究員)

■ 228th Electrochemical Sciety meetingにて以下の招待講演を行いました。(フェニックス、アメリカ 2015.10.11-10.15)
  「 Vertical field effect transistor based on graphene/transition metal dichalcogenide van der Waals heterostructure」 Rai Moriya(助教)

  またこの紀要はECS Transactionsに掲載されました。
  “Vertical field effect transistor based on graphene/transition metal dichalcogenide van der Waals heterostructure”
 Rai Moriya, Takehiro Yamaguchi, Yoshihisa Inoue, Yohta Sata, Sei Morikawa, Satoru Masubuchi, and Tomoki Machida
  ECS Trans. 69, 357 (2015)

■ 国際会議International Conference on Solid State Devices and Materials(SSDM2015)にて以下の発表を行いました。(札幌 2015.9.27-9.30)
  「Transport properties of van der Waals junctions of 2D layered materials」(Short Course講演) Tomoki Machida
  「Josephson coupling in NbSe2/NbSe2 van der Waals junction」 Rai Moriya(助教)

■ 荒井さん(特任研究員)の研究成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。
  “Construction of van der Waals magnetic tunnel junction using ferromagnetic layered dichalcogenide”
 Miho Arai, Rai Moriya, Naoto Yabuki, Satoru Masubuchi, Keiji Ueno and Tomoki Machida
  Applied Physics Letters 107, 103107 (2015)

■ 2015年 日本物理学会秋期大会にて以下の発表を行いました。(関西大学 2015.9.16-9.19)
  「Twisted二層グラフェンにおける整数量子ホール効果」 増渕 覚(特任助教)
  「Twisted二層グラフェンにおけるサイクロトロン共鳴」 井上 尚子(M2)
  「NbSe2/grapheneファンデルワールス接合における超伝導近接効果」 矢吹 直人(M2)
  「三層グラフェンにおけるスピン・バレー分離量子ホール効果」 浅川 友太(M1)

■ 2015年 第76回応用物理学会秋季学術講演会(名古屋国際会議場)にて以下の発表を行いました。(2014.9.13-9.16)
  「スピントロニクス及び超伝導接合材料としての遷移金属ダイカルコゲナイド」(招待講演) 町田 友樹
  「高移動度グラフェンnpn接合を用いたエッジチャネル干渉系の実現」 森川 生(D2)

■ 9月1日より新メンバーとして星 裕介講師が着任いたしました。星講師はIV族半導体結晶成長および光・電子デバイスが専門です。

■ 佐田君(D1)の研究成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。
  “Electric field modulation of Schottky barrier height in graphene/MoSe2 van der Waals heterointerface”
 Yohta Sata, Rai Moriya, Sei Morikawa, Naoto Yabuki, Satoru Masubuchi, and Tomoki Machida
  Applied Physics Letters 107, 023109 (2015)

■ The 21st International Conference on Electronic Properties of Two-Dimensional Systems (EP2DS-21) and the 17th International Conference on Modulated Semiconductor Structures (MSS-17)にて招待講演および口頭・ポスター発表を行いました。(仙台 2015.7.26-7.31)
  「Quantum transport in van der Waals junctions of graphene and 2D materials」 Tomoki Machida (招待講演)
  「Large Current Modulation in Graphene/TMD/Metal Vertical Heterostructures」 Rai Moriya(助教)
  「Cubic Rashba Spin-Orbit Interaction of a Two-Dimensional Hole Gas in a Ge/SiGe Quantum Well」 Rai Moriya(助教)
  「Magnetic Tunnel Junction Built from Layered Material」 Miho Arai(特任研究員)

■ 第34回電子材料シンポジウム(EMS34) にて招待講演を行いました。(滋賀 2015.7.15-7.17)
  「グラフェン/二次元層状化合物ヘテロ接合の作製と量子輸送現象」町田友樹

■ 22nd International Workshop on Active-Matrix Flatpanel Displays -TFT Technologies and FPD Materials- (AM-FPD'15) にて助教の守谷くんが招待講演を行いました。(京都 2015.7.1-7.3)
  「Graphene/Transition Metal Dichalcogenide/Metal Vertical Heterostructure Transistor with Large Current ON/OFF Ratio」 Rai Moriya(助教)

■ The 16th International Conference on the Science and Application of Nanotubes (NT15) にて以下の発表を行います。(名古屋 2015.6.29-7.3)
  「Edge-channel interferometer in a graphene quantum Hall pn junction」 Tomoki Machida
  「Tunnel magnetoresistance in ferromagnetic layered dichalcogenide van der Waals junctions」 Tomoki Machida
  「Josephson effect at NbSe2/NbSe2 vdW junction」 Rai Moriya(助教)
  「Quantum Hall Effect in Slightly Twisted Bilayer Graphene」 Satoru Masubuchi(特任助教)

■ Graphene Week 2015にて以下の発表を行います。(マンチェスター、イギリス 2015.6.22-6.26)
  「Quantum hall effect in a slightly twisted bilayer graphene」 Satoru Masubuchi(特任助教)
  「Vertical field effect transistors based on graphene/TMD van der Waals heterostructures」 Yohta Sata(D1)
  「Cyclotron resonance in high mobility h-BN/graphene/h-BNquantum hall systems」 Naoko Inoue(M2)
  「Observation of Josephson current in NbSe2/NbSe2 van der Waals junction」 Naoto Yabuki(M2)

■ New Perspectives in Spintronic and Mesoscopic Physics (NPSMP2015)にて招待講演を行いました。(柏 2015.6.1-6.19)
  「Quantum transport in van der Waals heterostructures of graphene and 2D materials」 Tomoki Machida

■ The 9th International Conference on New Diamonds and Nano Carbons 2015(NDNC2015)にて招待講演および口頭発表を行いました。(静岡 2015.5.24-5.28)
  「Quantum Transport in Graphene/h-BN Heterostructures」 Satoru Masubuchi (招待講演)
  「Current modulation in graphene/transition metal dichalcogenide van der Waals heterostructures」 Tomoki Machida

■ 山口君と井上君(既に卒業)の研究成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。
  “Influence of the density of states of graphene on the transport properties of graphene/MoS2/metal vertical field-effect transistors”
 Rai Moriya, Takehiro Yamaguchi, Yoshihisa Inoue, Yohta Sata, Sei Morikawa, Satoru Masubuchi and Tomoki Machida
  Applied Physics Letters 106, 233103 (2015)

■ D2の森川君の研究成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。さらに、この論文はApplied Physics Lettersの表紙に選ばれました。おめでとう。
  “Edge-channel interferometer at the graphene quantum Hall pn junction”
 Sei Morikawa, Satoru Masubuchi, Rai Moriya, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, and Tomoki Machida
  Applied Physics Letters 106, 183101 (2015)
  (表紙のリンク先)http://scitation.aip.org/content/aip/journal/apl/106/18

■ D1の佐田君の論文がJapanese Journal of Applied PhysicsのSpotlights論文に選ばれました。
  “Modulation of Schottky barrier height in graphene/MoS2/metal vertical heterostructure with large current ON–OFF ratio”
 Yohta Sata, Rai Moriya, Takehiro Yamaguchi, Yoshihisa Inoue, Sei Morikawa, Naoto Yabuki, Satoru Masubuchi and Tomoki Machida
   (Spotlightsのリンク先)http://iopscience.iop.org/1347-4065/page/Spotlights

■ 新しく修士課程1年生の浅川君、森本君、山崎君がメンバーに加わりました。

■ 研究員の荒井さんの論文がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。
   “Fabrication of 10-nm-scale nanoconstrictions in graphene using atomic force microscopy-based local anodic oxidation lithography”
 Miho Arai, Satoru Masubuchi, Kenji Nose, Yoshitaka Mitsuda and Tomoki Machida
  Japanese Journal of Applied Physics 54, 04DJ06 (2015)

■ M2の佐田君が行った研究の成果がJapanese Journal of Applied Physicsに掲載されました。
  “Modulation of Schottky barrier height in graphene/MoS2/metal vertical heterostructure with large current ON–OFF ratio”
 Yohta Sata, Rai Moriya, Takehiro Yamaguchi, Yoshihisa Inoue, Sei Morikawa, Naoto Yabuki, Satoru Masubuchi and Tomoki Machida
  Japanese Journal of Applied Physics 54, 04DJ04 (2015)

■ 2015年 日本物理学会第70回年次大会にて以下の発表を行います。(早稲田大学 2015.3.21-3.24)
  「h-BNトンネルバリアを用いたグラフェンのランダウ準位スペクトロスコピー」 森川 生(D1)
  「グラフェン/h-BNモアレ超格子の電荷中性点におけるエネルギーギャップ形成」 柏木 麗奈(M2)
  「二層グラフェンの高次ランダウ準位におけるバレー分離量子ホール状態の安定性」 井上 尚子(M1)
  「NbSe2/NbSe2ファンデルワールス接合におけるジョセフソン電流の観測」 矢吹 直人 (M1)

■ 2015年 第62回応用物理学会春季学術講演会(東海大学)にて以下の発表を行います。(2014.3.11-3.14)
  「グラフェン/MoSe2 van der Waalsヘテロ構造における電流変調」 佐田 洋太(M2)
  「グラフェン/MoS2/金属ヘテロ構造の面直伝導におけるグラフェンの状態密度の効果」 守谷 頼(助教)
  「層状カルコゲナイドWS2トンネルバリアの特性」 守谷 頼(助教)

■ American Physical Society March Meeting 2015にて以下の発表を行いました。(サンアントニオ、アメリカ 2015.3.2-3.6)
  「Oscillatory magnetotransport between co-propagating quantum Hall edge channels in graphene p-n junctions」 Sei Morikawa (D1)
Applied Physics Letters
■ 第48回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにて以下の発表を行いました。(東京大学 2015.2.21-2.23)
  「Mechanical exfoliation and van der Waals assembly of layered ferromagnetic dichalcogenide FexTaS2」 荒井 美穂 (特任研究員)

■ 修士論文審査があり町田研M2の二人が発表しました。
  「モアレ超格子ポテンシャルを導入したグラフェンの量子輸送現象」 柏木 麗奈(M2)
  「グラフェン/層状カルコゲナイド化合物van der Waalsヘテロ接合における電界効果」 佐田 洋太(M2)

■ 山口君と井上君(二人とも既に卒業)が行った研究の成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。
  “Tunneling transport in a few monolayer-thick WS2/graphene heterojunction”
   Takehiro Yamaguchi, Rai Moriya, Yoshihisa Inoue, Sei Morikawa, Satoru Masubuchi, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, and Tomoki Machida
  Applid Physics Letters 105, 223109 (2014)

■ 国際会議2014Material Reseach Society Fall Meetingにて以下の発表を行いました。(ボストン 2014.11.30-12.5)
  「 Oscillatory Magnetotransport between Co-Propagating Quantum Hall Edge Channels in Graphene p-n Junctions」 Satoru Masubuchi

■ 第28回ダイヤモンドシンポジウムD1の森川くんが優秀ポスター賞を受賞しました。
  「高移動度グラフェンnpn接合における量子干渉」 森川生 (D1)

■ 第28回ダイヤモンドシンポジウムにて以下の発表を行います。(東京電機大学 2014.11.19-21)
  「グラフェン/h−BNモアレ超格子におけるHofstadter's Butterflyの観測」 増渕覚(特任助教)
  「高移動度グラフェンnpn接合における量子干渉」 森川生 (D1)

■ 助教の守谷君が共著で書いた解説記事が固体物理に掲載されました。
  「ラシュバ効果の新展開――InGaAsからSrTiO3まで」
  中村浩之・守谷 頼・古賀貴亮
  固体物理49, 519 (2014)

■ 国際会議The 6th International Conference on “Recent Progress in Graphene Research” (RPGR2014)にて招待講演を行いました。(台北 2014.9.21-9.25)
  「Magnetotransport in Graphene/h-BN Quantum Hall Systems」 Tomoki Machida

■ 2014年 第75回応用物理学会秋季学術講演会にて以下の発表を行いました。(北海道大学 2014.9.8-9.11)
  「グラフェン/h-BNモアレ超格子におけるグラフェンのバンド構造変調とHofstadter Butterfly 構造の観測」 増渕覚(特任助教)
  「Graphene/MoS2ファンデルワールスヘテロ構造におけるショットキー障壁のゲート変調」 佐田洋太(M2)

■ 国際会議International Conference on Solid State Devices and Materials(SSDM2014)にて以下の発表を行いました。(つくば 2014.9.21-9.25)
  「Exfoliated-graphene/MoS2/metal Vertical Field Effect Transistor with Large Current Modulation and On Current Density」 Rai Moriya(助教)
  「Fabrication of 10-nm-Scale Nanoconstrictions in graphene using AFM-Based Local Anodic Oxidation Lithography」 Miho Arai(研究員)
  「Quantum Interference in a Ballistic Graphene n-p-n Junction: Fabry-Perot Interference and a Novel Magnetoresistance Oscillation」 Sei Morikawa(D1)

■ 山口君と井上君(二人とも既に卒業)が行った研究の成果がApplied Physics Lettersに掲載されました。
  “Large current modulation in exfoliated-graphene/MoS2/metal vertical heterostructures”
  Rai Moriya, Takehiro Yamaguchi, Yoshihisa Inoue, Sei Morikawa, Yohta Sata, Satoru Masubuchi, and Tomoki Machida
  Applid Physics Letters 105, 083119 (2014)

■ 助教の守谷くんの論文がPhysical Review Lettersに掲載されました。
  “Cubic Rashba Spin-Orbit Interaction of a Two-Dimensional Hole Gas in a Strained-Ge/SiGe Quantum Well”
  Rai Moriya, Kentarou Sawano, Yusuke Hoshi, Satoru Masubuchi, Yasuhiro Shiraki, Andreas Wild, Christian Neumann, Gerhard Abstreiter, Dominique Bougeard, Takaaki Koga, and Tomoki Machida
  Physiccal Review Letters 113, 086601 (2014)

■ 日本物理学会2014年秋季大会にて以下の発表を行いました。(中部大学 2014.9.7-9.10)
  「グラフェン/h-BNにおける量子輸送現象」(招待講演) 町田友樹
  「グラフェン/h-BNモアレ超格子におけるHofstadter Butterflyの観測」 柏木麗奈 (M2)

■ 第47回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにて以下の発表を行いました。(名古屋大学 2014.9.3-9.5)
  「「Vertical Transport in Graphene/Ultrathin h-BN/Graphene van der Waals Heterostructures」 森川 生 (D1)

■ 第4回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン若手研究会にて招待講演を行いました。(名古屋大学 2014.9.2)
  「グラフェン/層状化合物ヘテロ構造における量子輸送現象」    町田友樹

■ D1の森川くんが第46回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム 若手奨励賞を受賞しました。
  「「Quantum interference in a ballistic graphene n-p-n junction: from Fabry-Perot to edge channel interference」森川 生
  http://fullerene-jp.org/jp/main45_waka.html

■ 国際会議The 21st International Conference on High Magnetic Fields in Semiconductor Physics (HMF-21)にて以下の発表を行います。(フロリダ、アメリカ 2014.8.3-8.8)
  「Magnetic-field-induced insulating state at secondary charge neutrality point in graphene superlattices」 Reina Kashiwagi (M2)
  「Oscillatory inter-edge-channel mixing between counter-circulating quantum-Hall edge channels in graphene p-n junctions 」 Tomoki Machida

■ D1の森川くんがJunior Experts Exchange Program 2014(日独若手専門家交流)に参加しました。(ドイツ 2014.6.26-7.7)

■ 国際会議Graphene Week 2014にて以下の発表を行いました。(ヨーテボリ、スウェーデン 2014.6.23-6.27)
  「Oscillatory magnetotransport between counter-circulating quantum-Hall edge channels in graphene p-n junctions」 Tomoki Machida
  「Landau-level spectroscopy of graphene by tunneling through ultrathin hexagonal boron nitride」 Sei Morikawa (D1)

■ 応用物理学会 シリコンテクノロジー分科会研究会「グラフェンナノ構造の革新的デバイスへの展開」にて招待講演を行いました。(つくば 2014.5.23)
  「グラフェン/二次元層状化合物ヘテロ構造の作製と応用」   町田友樹

■ 東京大学ナノ量子機構公開シンポジウム「ナノ量子情報エレクトロニクスの新展開」において講演しました。(東京大学 2014.5.19-5.20)
  「グラフェンにおける量子輸送現象」 町田 友樹

■ 東京大学光電子融合研究センター公開シンポジウム「光電子融合の展望」において講演しました。(東京大学 2014.4.15)
  「グラフェンにおける量子輸送現象と中赤外光検出」 町田 友樹

■ 新M1の井上さんと矢吹くんが研究室のメンバーに加わりました。

■ 池永さん(既に卒業)の研究成果がJJAPに掲載されました。
  “Cross-sectional transmission electron microscopy analysis of a single self-assembled quantum dot single electron transistor fabricated by atomic force microscope local oxidation”
  Rai Moriya, Eriko Ikenaga, Kenji Shibata, Kazuhiko Hirakawa, Satoru Masubuchi, Tomoki Machida
  Jpn. J. Appl. Phys. 53, 045202 (2014)

■ 博士3年生の荒井さんと山口くん、修士2年生の井上君と森川くんが卒業しました。4人の論文タトルは以下のようなものでした。(2013.3.31)
  「グラフェンナノ構造の作製と光検出素子への応用」 荒井 美穂 (D3)
  「グラフェンへの電気的スピン注入技術の確立」 山口 健洋 (D3)
  「劈開法による層状化合物トンネルバリアの作製とグラフェンへのスピン注入」 井上 義久 (M2)
  「グラフェン/h-BN積層構造におけるバリスティック伝導と量子ホール物性」 森川 生 (M2)

■ 2014年日本物理学会 第69回年次大会(東海大学)にて以下の発表を行いました。(2014.3.26-3.29)
  「弱反局在測定を用いた歪Ge/SiGe二次元正孔系におけるラシュバスピン軌道相互作用の検出」 守谷 頼(助教)
  「グラフェンpn接合量子ホール系における磁気抵抗振動」 森川 生 (M2)

■ 2014年 第61回応用物理学会春季学術講演会(青山学院大学)にて以下の発表を行いました。(2014.3.17-3.20)
  「金属/MoS2/グラフェン縦型FET構造における巨大抵抗変調」 山口 健洋(D3)

■ American Physical Society March Meeting 2014にて以下の発表を行いました。(デンバー、アメリカ 2014.3.3-3.7)
  「Electrical spin injection into graphene through hexagonal boron nitride tunnel barrier」 Takehiro Yamaguchi (D3)
  「Electric field control of cubic-Rashba spin orbit interaction in two-dimentional hole gas confined in Ge/SiGe quantum well」 Rai Moriya(助教)

■ 第46回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム(東京大学)にて以下の発表を行いました。(2014.3.3-3.5)
  「Quantum interference in a ballistic graphene n-p-n junction: from Fabry-Perot to edge channel interference」 Sei Morikawa(M2)
  「Vertical transport in metal/2D crystal/graphene layered heterostructures」 Yoshihisa Inoue(M2)

■ D3の荒井さん研究成果がJapanese Journal of Applied Physics (JJAP)に掲載されました。
  “Mid-infrared photoresponse of graphene nanoribbon bolometer”
Miho Arai, Masahiro Onuki, Satoru Masubuchi, Rai Moriya and Tomoki Machida
  Japanese Journal of Applied Physics 53, 035101 (2014)

■ International Symposium on Advanced Nanodevices and Nanotechnologye(ISANN 2013)にて以下の発表を行いました。(ハワイ、アメリカ 2013.12.8-12.13)
  「Photovoltaic infrared photoresponce due to cyclotron resonance in graphene/h-BN quantum Hall systems」 Tomoki Machida

■ 第80回表面科学研究会 「窒化ホウ素:電子デバイス材料としての課題と展望」(東京工業大学)にて招待講演を行いました。(2014.1.30)
 「グラフェン/窒化ホウ素における量子輸送現象」 町田 友樹

■ 応用物理学会応用電子物性分科会研究例会(東京工業大学)にて助教の増渕君が招待講演を行いました。(2013.12.9)
 「高移動度グラフェン/h-BNにおける量子輸送現象」 増渕 覚(特任助教)

■ 2013年真空・表面科学合同講演会(つくば国際会議場)にて招待講演を行いました。(2013.11.26-11.28)
 「グラフェンのバリスティック伝導とスピンデバイス」 町田 友樹

■ 第27回ダイヤモンドシンポジウム(日本工業大学)にて以下の発表を行いました。(2013.11.20-11.22)
  「高移動度グラフェン/h−BN量子ホール系におけるサイクロトロン共鳴による光起電力効果」 増渕 覚(特任助教)
  「グラフェンnpn接合におけるFabry-Perot干渉」 森川 生(M2)

■ 4th A3 Symposium on Emerging Materialsにて招待講演を行いました。(Jeju Island, Korea 2013.11.10-11.14)
  「Magnetotransport in Graphene on hexagonal boron nitride」 T. Machida

■ 58th Annual Magnetism and Magnetic Materials (MMM) Conferenceにて以下の発表を行いました。(デンバー、アメリカ 2013.11.4-11.8)
  「Electrical spin injection into graphene through monolayer h-BN tunnel barrier」 Rai Moriya(助教)

■ 助教の増渕君の研究成果がJapanese Journal of Applied Physics (JJAP)に掲載されました。
  “Fabrication and Characterization of High-Mobility Graphene p-n-p Junctions”
  S. Masubuchi, S. Morikawa, M. Onuki, K. Iguchi, K. Watanabe, T. Taniguchi, and T. Machida
  Japanese Journal of Applied Physics 52, 110105 (2013)

■ 助教の増渕君の研究成果がPhysical Review B: Rapid Communicationsに掲載されました。
  “Photovoltaic infrared photoresponse of the high-mobility graphene quantum Hall system due to cyclotron resonance”
  S. Masubuchi, M. Onuki, M. Arai, T. Yamaguchi, K. Watanabe, T. Taniguchi, and T. Machida
  Phys. Rev. B 88, 121402(R) (2013)

■ 2013 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2013)にて以下の発表を行いました。(福岡 2013.9.24-9.27)
  「Landau Level Crossing and Anti-crossing of Bilayer Two-dimensional Hole Gas in Ge/SiGe Quantum Well」 Rai Moriya(助教)
  「Photovoltaic Infrared Photoresponse of Graphene Quantum Hall Systems due to Cyclotron Resonance」 Reina Kashiwagi (M1)
  「Ballistic Transport of Massless Dirac Fermions in Graphene」 Yohta Sata(M1)

■ 2013年 第74回応用物理学会秋季学術講演会(同志社大学)にて以下の発表を行いました。(2013.9.16-9.20)
  「単原子層h-BNトンネルバリアを介した強磁性体からグラフェンへのスピン注入」 井上義久 (M2)

■ 5th in the series of Conferences on Recent Progress in Graphene Research (RPGR2013)にて以下の発表を行いました。(東工大、東京 2013.9.9-9.13)
  「Photovoltaic infrared photoresponce due to cyclotron resonance in graphene quantum Hall systems」 Tomoki Machida
  「Electrical spin injection into graphene through monolayer h-BN tunnel barrier」 Rai Moriya(助教)
  「Boundary scattering in high-mobility graphene mesoscopic wires on hexagonal boron nitride」 Satoru Masubuchi(特任助教)
  「Fabrication of graphene spin valve devices with MoS2 tunnel barrier」 Takehiro Yamaguchi (D3)

■ 文部科学省 新学術領域研究「原子層科学」(平成25-29年度)が始まりました。町田研究室は物性班のメンバーとして参加しています。
http://flex.phys.tohoku.ac.jp/gensisou/index.html

■ Seventh International School and Conference on Spintronics and Quantum Information Technology (SPINTECH VII)にて以下の発表を行いました。(シカゴ、アメリカ2013.7.29-8.2)
  「Cubic Rashiba spin orbit interaction of the two-dimentional hole gas in Ge/SiGe quantum well」 Rai Moriya(助教)
  「Electrical spin injection into graphene through a monolayer hexagonal boron nitride tunnel barrier」 Takehiro Yamaguchi (D3)

■ 20th International Conference on Electronic Properties of Two-Dimensional Systems (EP2DS-20) and 16th International Conference on Modulated Semiconductor Structures(MSS-16)にて以下の発表を行いました。(ヴロツワフ、ポーランド 2013.7.1-7.5)
  「Infrared Photoresponse of High-Mobility Graphene in the Quantum Hall Regime」 Satoru Masubuchi(特任助教)
  「Boundary Scattering in Ballistic Graphene」 Satoru Masubuchi(特任助教)
  「Landau level crossing and anti-crossing of bilayer two-dimensional hole gas in Ge/SiGe quantum well」 Rai Moriya(助教)
   「Coexistence of two different mechanism of dynamic nuclear polarization in a transition region between integer quantum Hall states」 Rai Moriya(助教)
  「Strong suppression of conductance in dual-gated h-BN/bilyer graphene/h-BN device」 Miho Arai (D3)
  「Electrical spin injection into graphene using h-BN tunnel barrier」 Yoshihisa Inoue (M2)
  「Ballistic transport in graphene p-n junctions」 Sei Morikawa (M2)

■ Symposium on Quantum Hall Effects and Related Topicsにて以下の発表を行いました。(シュトゥットガルト、ドイツ2013.6.26-6.28)
  「Landau level crossing and anti-crossing in Ge/SiGe bilayer two-dimensional hole systems」Tomoki Machida
  「Photovoltaic Infrared Photoresponse of the High-Mobility Graphene Quantum Hall System due to Cyclotron Resonances」Satoru Masubuchi(特任助教)

■ 井上君(M2)と山口君(D2)が2人で行った研究の成果がApplied Physics Expressに掲載されました。
  “Electrical spin injection into graphene through monolayer hexagonal boron nitride”
  Takehiro Yamaguchi, Yoshihisa Inoue, Satoru Masubuchi, Sei Morikawa, Masahiro Onuki, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, Rai Moriya, Tomoki Machida
  Applid Physics Express 6, 073001 (2013)

■ 京都大学との共同研究の成果がPhysical Review Bに掲載されました。
  “Observation of finite excess noise in the voltage-biased quantum Hall regime as a precursor for breakdown”
   Kensaku Chida, Tomonori Arakawa, Sadashige Matsuo, Yoshitaka Nishihara, Takahiro Tanaka, Daichi Chiba, Teruo Ono, Tokuro Hata, Kensuke Kobayashi, and Tomoki Machida
  Phys. Rev. B 87, 155313 (2013)

■ 研究設備にラマン分光顕微鏡を追加しました。

■ Graphene Week 2013にて以下の発表を行います。(ケムニッツ、ドイツ2013.6.2-6.7)
  「Photovoltaic effect due to cyclotron resonance in graphene quantum Hall systems」Tomoki Machida

■ 池永さん(既に卒業)の研究成果がJJAPに掲載されました。
  “Cross-sectional Transmission Electron Microscopy Analysis of Nanogap Electrode”
  Rai Moriya, Eriko Ikenaga, Satoru Masubuchi, Tomoki Machida
  Jpn. J. Appl. Phys. 52, 055201 (2013)

■ 2013年 KPS-JSAP合同シンポジウムにて以下の発表を行いました。(2013.4.24)
  「Ballistic transport and photovoltaic effect in graphene/h-BN」Tomoki Machida

■ この度所属が、新たに生産技術研究所に設立された光電子融合研究センターに変わりました。(2013.4)
http://cpec.iis.u-tokyo.ac.jp/

■ 新メンバー(M1) 柏木さん、佐田君が加わりました。研究室メンバーの写真を更新しました。(2013.4)

■ 2013年 第60回応用物理学会春季学術講演会(神奈川工科大学)にて以下の発表を行いました。(2013.3.27-3.30)
  「高移動度グラフェン/h-BNヘテロ構造における量子輸送現象」(奨励賞記念講演) 増渕 覚(特任助教)
  「ゲート電界による2層グラフェン/h-BNのバンドギャップ構造制御」 荒井 美穂 (D2)
  「高移動度グラフェン/h-BNにおけるサイクロトロン共鳴による光起電力効果」 大貫 雅広(M2)

■ 2013年日本物理学会 第68回年次大会(広島大学)にて以下の発表を行いました。(2013.3.26-3.29)
  「グラフェンにおけるバリスティック伝導と光電圧効果」 町田 友樹(招待講演)
  「Ge/SiGe量子井戸におけるランダウ準位反交差と弱反局在効果の観測」 守谷 頼(助教)
  「グラフェンnpn 接合におけるFabry-Perot干渉」 森川 生 (M1)
  「高移動度h-BN上グラフェンにおけるサイクロトン共鳴による光起電力効果」 大貫 雅広(M2)

■ 修士課程2年の梅澤君、大貫君が卒業しました。おめでとうございます。2人の修士論文の題目は以下のようなものでした。
  「半導体低次元電子系における核スピン偏極と検出」 梅澤 青司
  「グラフェン/h-BNの実験的研究:作製・バリスティック伝導・光検出」 大貫 雅広

■ D2の山口君の論文が掲載されました。
  “Spin Relaxation in Weak Localization Regime in Multilayer Graphene Spin Valves”
  Takehiro Yamaguchi, Rai Moriya, Satoru Masubuchi, Kazuyuki Iguchi,and Tomoki Machida
  Jpn. J. Appl. Phys. 52, 040205 (2013)

■ American Physical Society March Meeting 2013にて以下の発表を行いました。(ボルチモア、アメリカ 2013.3.18-3.22)
  「Cyclotron-resonance-induced photovoltaic effect in high-mobility graphene in the quantum Hall regime」 Satoru Masubuchi(特任助教)
  「Suppression of spin relaxation due to weak localization in multilayer graphene spin valves」 Takehiro Yamaguchi (D2)
  「Landau level crossing and enhanced g-factor of a 2-dimentional hole gas in Ge/SiGe quantum well」 Rai Moriya(助教)

■ 第44回フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウムにて招待講演を行いました。(2013.3.11-3.13)
 「Ballistic transport in graphene/h-BN」 町田 友樹

■ 電子情報通信学会「機能ナノデバイスおよび関連技術」研究会にて招待講演を行いました。(2013.2.27-2.28)
 「グラフェンにおけるバリスティック伝導・光電圧効果」 町田 友樹

■ 特任助教の増渕くんが3つの学会発表賞をもらいました。
 第33回応用物理学会講演奨励賞受賞
 「高移動度グラフェンにおけるバリスティック伝導と磁気整合効果」

 第26回ダイヤモンドシンポジウム優秀講演賞受賞
 「高移動度グラフェン/h−BN細線における磁気整合効果」

 Award for Encouragement of Research in Material Science, MRS-ICEM2012受賞
 「Boundary Scattering in Ballistic Graphene/Hexagonal Boron Nitride」

■ 第17回半導体スピン工学の基礎と応用PASPS‐17(九州大学) にて以下の発表を行いました。(2012.12.19-12.20)
 「多層グラフェンスピンバルブ素子における弱局在効果によるスピン緩和時間の増大」 山口 健洋(D3)
 「歪Ge/SiGe量子井戸における巨大g因子」 守谷 頼(助教)

■ GCOE International Symposium on Physical Sciences Frontierにて以下の発表を行いました。(2012.12.8-12.9)
 「Suppression of Spin Relaxation due to Weak Localization in Multilayer Graphene Spin Valve devices」 T. Yamaguchi(D3)

■ Workshop on Innovative Nanoscale Devices and Systems (WINDS)にて招待講演を行いました。(Hawaii, 2012.12.2-12.7)
  「Ballistic transport in graphene/h-BN mesoscopic wires」 T. Machida

■ 特任助教の増渕くんが第26回ダイヤモンドシンポジウムにて以下の発表を行いました。(東京, 2012.11.19-11.21)
  「高移動度グラフェンにおけるバリスティック伝導と磁気整合効果」 増渕 覚(特任助教)

■ 助教の守谷君の共同研究の成果、およびそれに関しての解説記事がNature Photonics に掲載されました。
  “Directional control of spin-wave emission by spatially shaped light”
  Takuya Satoh, Yuki Terui, Rai Moriya, Boris A. Ivanov, Kazuya Ando, Eiji Saitoh, Tsutomu Shimura, and Kazuo Kuroda
  Nature Photonics 6, 662-666 (2012)

  “Spintronics: All-optical spin-wave control”
  Mark R. Freeman and Zhu Diao
  Nature Photonics 6, 643-645 (2012)

■ 特任助教の増渕くんがInternational Conference on Electronic Materials (IUMRS-ICEM2012)にて以下の発表を行いました。(横浜、2012.9.23-9.28)
  「Boundary Scattering in Ballistic Graphene/Hexagonal Boron Nitride」 Satoru Masubuchi(特任助教)

■ 2012 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM 2012)にて以下の発表を行いました。(Kyoto, Japan,2012.9.25-9.27)
  「Electron Focusing Effect in Ballistic Graphene Cross Junction」 Masahiro Onuki(M2)
  「Magnetic Commensurability Effect in Ballistic Graphene」 Sei Morikawa (M1)

■ 2012年日本物理学会 秋季大会(横浜国立大学)にて以下の発表を行いました。(2012.9.24-9.21)
  「h-BN上グラフェンナノリボンの伝導特性」 荒井美穂 (D2)
  「グラフェン十字型細線におけるエレクトロンフォーカシング効果」 大貫雅広 (M2)
  「バリスティックグラフェンにおける磁気整合効果」 森川生 (M1)
  「Ge/SiGe2次元ホール系におけるランダウ準位交差の観測」 井上義久 (M1)

■ 2012年秋季第73回応用物理学会学術講演会(愛媛大学・松山大学)にて以下の発表を行いました。(2012.9.11-9.14)
  「高移動度グラフェン/h-BN細線における磁気整合効果」 増渕覚 (特任助教)

■ 増渕君(特任助教)の論文が掲載されました。
  “Boundary Scattering in Ballistic Graphene”
  Satoru Masubuchi, Kazuyuki Iguchi, Takehiro Yamaguchi, Masahiro Onuki, Miho Arai, Kenji Watanabe, Takashi Taniguchi, and Tomoki Machida
  Phys. Rev. Lett. 109, 036601 (2012)

■ 31st International Conference on the Physics of Semiconductors(ICPS2012)にて以下の発表を行います。(Zurich, Switzerland, 2012.7.29-8.3)
  「Graphene nanoribbon infrared bolometer」 Miho Arai(D2)
  「Fabrication of nanogap electrodes attached to a single self-assembled InAs quantum dot using atomic force microscope local oxidation」 Eriko Ikenaga

■ The 20th International Conference on High Magnetic Fields in Semiconductor Physics(HMF-20)にて以下の発表を行いました。(Chamonix Mont-Blanc, France, 2012.7.22-7.27)
  「Boundary Scattering in Ballistic Graphene」 Satoru Masubuchi(特任助教)
  「Dynamic nuclear polarization induced by breakdown of even-integer quantum Hall effect in a corbino ring」 Seiji Umezawa(M2)
  「Observation of Hall effect anomalies in ballistic graphene junctions」 Masahiro Ohnuki(M2)

■ 一般社団法人ニューダイヤモンドフォーラム 、平成24年度第1回研究会「ナノカーボンの最新研究」にて特任助教の増渕君が招待講演を行いました。
  「グラフェンナノ構造の電子物性」増渕覚(特任助教)

■ 遅くなりましたが、2012年のメンバーの写真を駒場キャンパス中庭にて撮影しました。

■ 助教の守谷君の共同研究の成果が掲載されました。
  “Topological repulsion between domain walls in magnetic nanowires leading to the formation of bound states”
  Luc Thomas, Masamitsu Hayashi, Rai Moriya, Charles Rettner, and Stuart S. P. Parkin
  Nature Communications 3, 810 (2012)

■ 助教の守谷君の共同研究の成果が掲載されました。
  “Reducing spin torque switching current density by boron insertion into a CoFeB free layer of a magnetic tunnel junction”
  Xin Jiang, Rai Moriya, and Stuart S. P. Parkin
  Appl. Phys. Lett. 100, 172407 (2012)

■ Materials Research Society 2012 Spring Meetingにて以下の発表を行います。(サンフランシスコ、アメリカ 2012.4.9-4.13)
  「Influence of current on a single metal-insulator domain wall driven phase transition in a VO2 nanowire」 Rai Moriya (助教)

■ 新メンバー(M1) 井上君、森川君が加わりました。(2012.4)

■ 2012年日本物理学会 第67回年次大会(関西学院大学)にて以下の発表を行います。(2012.3.24-3.27)
  「グラフェンナノリボンにおける光応答伝導特性」 荒井美穂 (D1)
  「グラフェンメゾスコピック細線における磁気整合効果」 井口和之 (M2)
  「偶数量子ホール状態ブレークダウンを用いた動的核スピン偏極」 梅澤青司 (M1)

■ 2012年春季 応用物理学関係連合講演会(早稲田大学)にて発表しました。(2012.3.15-17)
  「AFM局所酸化法による金属ナノギャップ電極の作製とその断面TEM観察」 池永恵梨子 (M2)
  「グラフェンスピンバルブ素子におけるスピン緩和の温度依存性」 山口健洋(D1)
  「グラフェンナノリボンによる赤外光検出」 荒井美穂 (D1)

■ American Physical Society March Meeting2012にて以下の発表を行いました。(ボストン、アメリカ 2012.2.27-3.2)
  「Tunnel spin injection into graphene through ALD-grown tunnel barrier」 Takehiro Yamaguchi (D1)
  「Boundary scattering in quasi-ballistic graphene/hexagonal boron nitride mesoscopic wires」 Kazuyuki Iguchi(M2)
  「Atomic Force Microscopy-Based Local Tunable Oxidation of Graphene」 Satoru Masubuchi(特任助教)

■ 特任助教の守谷君の共同研究の成果が掲載されました。
  “Nonlocal spin transport in single-walled carbon nanotube networks”
  Hyunsoo Yang, Mikhail E. Itkis, Rai Moriya, Charles Rettner, Jae-Seung Jeong, Daniel S. Pickard, Robert C. Haddon, and Stuart S. P. Parkin
  Phys. Rev. B 85, 052401 (2012)

■ The 38th Special Meeting of Special Session for Spin electronics, Magnetic Society in Japan にて招待講演を行いました。(Osaka, Japan, 2012.1.20)
  「Spin Transport in Graphene Spin Valve Devices 」Tomoki Machida

■ 博士研究員の星君が東北大学金属材料研究所 宇佐美研究室に移りました。

■ UK-Japan Workshop and Graphene Roadmap Consultation Graphene Synthesis and Charactarisation for applications にて招待講演を行いました。(Windermere, UK, 2011.11.15-11.19)
  「Atomic Force Microscopy Based Local Anodic Oxidation of Graphene」Satoru Masubuchi (特任助教)

■ 増渕君(特任助教)の論文が掲載されました。
  “Atomic Force Microscopy Based Local Tunable Oxidation of Graphene”
Satoru Masubuchi, Miho Arai, and Tomoki Machida
  Nano Lett. 11, 4542 (2011)

■ D1の山口君の論文が掲載されました。
  “Tunnel spin injection into graphene using Al2O3 barrier grown by atomic layer deposition on functionalized graphene surface”
Takehiro Yamaguchi, Satoru Masubuchi, Kazuyuki Iguchi, Rai Moriya, and Tomoki Machida
  J. Magn. Magn. Mater. 324, 849 (2011)

■ FIRST-QS2C Workshop on "Emergent Phenomena of Correlated Materials" にて以下の発表を行いました。(沖縄 2011.12.12-12.15)
  「Effect of current on a domain wall driven metal-insulator transition in VO2 nanowire」Rai Moriya(特任助教)

■ 以下の論文が雑誌に掲載されました。
  「Observation of quantum Hall effect in mono- and bi-layer graphene using pulse magnet」
  S. Masubuchi, K. Suga, K. Kindo, S. Takeyama, and T. Machida, J. Phys.: Conf. Ser. 334, 012037 (2011).
   「Single-electron switching effect in graphene parallel-coupled double quantum dots」
  M. Arai, S. Masubuchi, and T. Machida, J. Phys.: Conf. Ser. 334, 012041 (2011).

■ 2011 International Conference on Solid State Devices and Materials (SSDM2011)にて以下の発表を行いました。(名古屋 2011.9.28-9.30)
  「Tunnel spin injection into graphene using Al2O3/PTCA barrier grown by atomic layer deposition」Takehiro Yamaguchi (D1)
  「Dynamic Nuclear Polarization Induced by Breakdown of Even-integer Quantum Hall Effect」Seiji Umezawa(M1)

■ 2011年秋季 日本物理学会大会(富山大学)にて以下の発表を行いました。(2011.9.21-9.24)
  「グラフェン/h-BN量子ホール系における非局所抵抗」井口和之 (M2)

■ 2011年秋季第72回応用物理学会学術講演会山形大学にて以下の発表を行いました
  「原子間力顕微鏡によるグラフェンの局所陽極酸化」 増渕覚 (特任助教)
  「単結晶酸化バナジウム細線中における単一ドメインの制御」 守谷頼(特任助教)
  「ALD-Al2O3トンネルバリアを用いたグラフェンへのスピン注入」 山口健洋 (D1)
  「AFM陽極酸化を用いた単一InAs量子ドットへの強磁性体ナノギャップ電極作製と単電子トランジスタへの応用」 池永恵梨子 (M2)

■ D1の山口くんが、飯綱・サイエンスサマー道場「材料の世界を一変させるスピン物性の新展開」にて発表を行いました。(長野 2011.8.17-8.19)
  「ALD-Al2O3トンネルバリアを用いたグラフェンへのスピン注入」山口健洋(D1)

■ 6th International School and Conference on Spintronics and Quantum Information Technology (Spintech6)にて以下の発表を行いました。(松江 2011.8.1-8.5)   「Tunneling spin injection into graphene using Al2O3/PTCA barrier grown by atomic layer deposition」Takehiro Yamaguchi(D1)

■ The 19th international conference on Electronic Properties of Two-Dimensional Systems (EP2DS19), 及び15th conference on Modulated Semiconductor Structures (MSS 15)にて以下の発表を行いました。(両方共フロリダ、米国 2011.7.25-7.29)
  「Effect of current on a single domain wall driven metal-insulator phase transition in a VO2 nanowire」 RaiMoriya (特任助教)
  「Nonlocal Resistance in a Graphene Quantum Hall System」 Kazuyuki Iguchi (M2)
  「Fabrication of a nanogap electrode based on ferromagnetic material by using AFM local oxidation」 Eriko Ikenaga (M2)

■ International Conference on NewDiamond and Nano Carbons 2011 にて以下の発表を行いました。(松江 2011.5.16-5.20)
  「Atomic force microscope tip-induced local tunable oxidation of graphene」Satoru Masubuchi(特任助教)

■ 増渕君(特任助教)が国際会議IMAGINENANO(graphene2011)(スペイン 2011.4.11-14)にて発表しました。
 “Atomic force microscope tip-induced local tunable oxidation of graphene”
  S. Masubuchi, and T. Machida

■ 新メンバー(博士研究員)星くん、(M1) 梅澤君、大貫君が加わりました。(2011.4)

■ 春季は以下の学会発表を予定しておりましたが、会議が中止になりましたため発表は行いませんでした。
2011年春季 第58回応用物理学関係連合講演会(神奈川工科大学(2011.3.24-27
  「AFM陽極酸化によるInAs量子ドットへの強磁性ナノギャップ電極作製」池永恵梨子(M1)
  「グラフェンスピンバルブ素子におけるALDを用いたトンネルバリア作製」山口健洋(M2)
  「AFM局所酸化法によるグラフェンのバンドギャップ変調」増渕覚(特任助教)
  「単結晶酸化バナジウム細線中における金属-絶縁体Domain Wallの運動」守谷頼(特任助教)
日本物理学会 第66回年次大会(新潟大学)2011.3.25-28)
  「グラフェン量子ホール系における非局所抵抗」井口和之(M1)

■ 川村君(現:理化学研究所)の論文が掲載されまし た。(2011.1.20)
  “Spatial gradient of dynamic nuclear spin polarization induced by breakdown of the quantum Hall effect
  M. Kawamura, K. Kono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, and T. Machida
  Phys. Rev. B 83, 041305(R) (2011)
■ 公開シンポジウム「ナノ量子情報エレクトロニクスの進展」(東京大学)にて発表しました。(2010.12.22)
 “Nonlocal resistance in graphene quantum Hall system”
  K. Iguchi, S. Masubuchi, M. Arai, T. Yamaguchi, and T. Machida
 “Atomic force microscope tip-induced local tunable oxidation of graphene”
  S. Masubuchi, and T. Machida
 “Fabrication of a ferromagnetic nano-gap electrode by using AFM local oxidation”
  E. Ikenaga, R. Moriya, S. Masubuchi, K. Shibata, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa, and T. Machida
 “Control of a single domain wall motion in a vanadium oxide nanowire”
  R. Moriya, and T. Machida
 “Uni-polar current induced switching in magnetic nano-pillar using spin transfer torque”
  R. Moriya, and T. Machida

■ 論文が掲載されました。(2010.10.5)
 “Dependence of field driven domain wall velocity on cross-sectional area in Ni65Fe20Co15 nanowirest”
  Rai Moriya, Masamitsu Hayashi, Luc Thomas, Charles Rettner, and Stuart S. P. Parkin
  Appl. Phys. Lett. 97, 142506 (2010)
 
■ Joint Workshop on Advances in Nanophotonics and Spintronics
  (University of Tokyo-University of Wurzburg) にて発表しました。(2010.10.4-5)
  “Spin-dependent transport in a single quantum dot connected to ferromagnetic nanogap electrodet”
  T. Machida, K. Hamaya, R. Moriya, K. Shibata, Y. Hirakawa, S. Ishida, and Y. Arakawa

■ 第19回強磁場国際会議 HMF19(福岡)にて発表しました。(2010.8.1-6)
 “Dynamic nuclear polarization induced by breakdown of integer and fractional quantum Hall effect”
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, and T. Machida

 “Dynamic nuclear polarization induced by breakdown of even-integer quantum Hall states”
  T. Yamashita, M. Kawamura, S. Masubuchi, R. Moriya, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, and T. Machida

 “Observation of quantum Hall effect in single-layer and bi-layer graphene using pulse magnet”
  S. Masubuchi, K. Suga, K. Kindo, S. Takeyama, and T. Machida

 “Shot noise measurement in a non-equilibrium quantum wire in the integer quantum Hall regime”
  K.Chida, M. Hashisaka, Y. Yamauchi, S. Nakamura, T. Arakawa, T. Machida, K. Kobayashi, and T. Ono

 “Observation of quantum Hall effect in single-layer and bi-layer graphene using pulse magnet”
  S. Masubuchi, K. Suga, K. Kindo, S. Takeyama, and T. Machida

 “Observation of single electron switching in graphene parallel double quantum dots”
  M. Arai, S. Masubuchi, T. Yamaguchi, and T. Machida

 “Spin transport in graphene spin-valve devices with Al2O3 barrier”
  T. Yamaguchi, S. Masubuchi, R. Moriya, M. Arai, and T. Machida

 “Demonstration of a single-electron transistor composed of a self-assembled quantum dot
  and nanogap electrode fabricated by atomic force microscope local oxidationr”
  R. Moriya, H. Kobayashi, E. Ikenaga, K. Shibata, S.Masubuchi,K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa,
  and T. Machida

  “Uni-polar current induced switching in magnetic nano-pillar using spin transfer torquer”
  R. Moriya, T. Machida, and S. Salahuddin

■ ISCS2010(高松)にて発表しました。(2010.5.31-6.4)
  “Spin transport in graphene spin-valve devices with tunneling barrier depositeds
   by atomic layer depositions”
   T. Yamaguchi, S. Masubuchi, R. Moriya, M. Arai, and T. Machida
  “Fabrication of graphene nanostructures by local anodic oxidation lithography using
   scanning probe microscope”
   S. Masubuchi, M. Arai, T. Yamaguchi, K. Yoshida, K. Hirakawa and T. Machida
  “Fabrication of single electron transistor based on a self-assembled quantum dot by using
   atomic force microscope local oxidation”
   R. Moriya, H. Kobayashi, K. Shibata, S. Masubuchi, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa, T. Machida

■ Graphene Week2010(ワシントン)にて発表しました。(2010.4.21)
  “Coulomb blockade effect in graphene coupled quantum dots”
  M. Arai, S. Masubuchi, T. Yamaguchi, and T. Machida
  "Fabrication of graphene nanostructures by local anodic oxidation lithography using
  atomic force microscope"
  S. Masubuchi, M. Arai, T. Yamaguchi, K. Yoshida, K. Hirakawa, and T. Machida

■ 日本物理学会第65回年次大会(岡山大学)にて発表しました。(2010.3.17-20)
  「量子ホール効果ブレークダウンにおける核スピン偏極極性の検出」 山下達也(M2)
  「グラフェン並列二重量子ドットにおける量子輸送現象」 荒井美穂(M1)  
  「NiFe強磁性電極グラフェンスピンバルブ素子におけるスピン伝導」 山口健洋(M2)
 
■ 2010年春季 第57回応用物理学関係連合講演会(東海大学)にて発表しました。(2010.3.17-20)
  「グラフェンナノデバイスの作製と量子輸送現象」 町田友樹(招待講演)
  「ユニポーラ電流によるトンネル磁気抵抗素子の磁化方向制御」 守谷頼
  「原子間力顕微鏡を用いた自己形成InAs 量子ドット単電子トランジスタの作製」 小林弘侑(M2)

■ 守谷頼 特任助教の論文が掲載されました(2010.3.12)
 “Fabrication of single-electron transistor composed of a self-assembled quantum dot and nanogap
  electrode by atomic force microscope local oxidation”
  R. Moriya, H. Kobayashi, K. Shibata, S. Masubuchi, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa, and T. Machida
  Appl. Phys. Express 3, 035001 (2010)

■ 国際シンポジウムQNSP(東京大学)にて発表予定しました。(2010.3.9-11)
  “Spin-dependent transport in a single InAs quantum dot attached to ferromagnetic nanogap electrodes”
  T. Machida, K. Hamaya, K. Shibata, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa
  “Nuclear Spin Polarization Induced by Breakdown of Integer and Fractional Quantum Hall Effect
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto and T. Machida
  “Fabrication of graphene nanoribbon by atomic force microscopy induced local oxidation
  S. Masubuchi, M. Arai, T. Yamaguchi, K. Yoshida, K. Hirakawa and T. Machida
  “Fabrication of Single-electron Transistor Composed of a Self-assembled Quantum Dot and Nanogap
  Electrode by Atomic Force Microscope Local Oxidation
  R. Moriya, H. Kobayashi, K. Shibata, S. Masubuchi, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa and T. Machida

■ 川村君(現:理化学研究所)の論文が掲載されました。(2010.1.19)
  “Strain-induced enhancement of electric quadrupole splitting in resistively detected
   nuclear magnetic resonance spectrum in quantum Hall systemst
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, K. Hamaya, and T. Machida
  Appl. Phys. Lett. 96, 032102-1-3(2010)

■ 浜屋君(現:九州大学)がPASPS-14(慶応義塾大学)にて発表しました。(2009.12.22)
  「単一量子ドット/強磁性電極ナノ接合における スピンブロッケイドの観測 」

■ 日本物理学会秋季大会(熊本大学)にて発表しました。(2009.9.25-26)
  「核スピンをプローブとした量子ホール端状態におけるスピン偏極状態の検出」 M2山下達也
  「グラフェン量子ホール系における量子輸送現象」 M1山口健洋
  「グラフェン二重量子ドットにおけるドット間結合の制御」 M1荒井美穂

■ 2009年秋季 応用物理学会(富山大学)にて発表しました。(2009.9.10)
  「AFMリソグラフィーによる単一InAs量子ドットへのナノギャップ電極作製」 M2小林弘侑
  「単層グラフェン量子ドット・二重結合量子ドットの輸送特性」 D3増渕覚

■ 国際会議EP2DS(神戸)にて発表しました。(2009.7.23)
  “Gate-controlled magnetoresistance effect in graphene spin-valve devices” D3増渕覚

■ 浜屋君(現:九州大学)の論文が掲載されました。(2009.6.12)
   “Spin-related current suppression in a semiconductor-quantum-dot spin-diode structure
  K. Hamaya, M. Kitabatake, K. Shibata, M. Jung, S. Ishida, T. Taniyama, K Hirakawa,Y. Arakawa,
  and T. Machida
   Phys. Rev. Lett. 102, 236806-1-4 (2009)

■ 川村君(現:理化学研究所)の論文が掲載されました。(2009.5.7)
  “Dynamic nuclear polarization induced by breakdown of fractional quantum Hall l effect
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, K. Hamaya, and T. Machida
  Phys. Rev. B 79, 193304-1-4 (2009)

■ 新メンバー (特任助教)守谷君、 (M1)荒井さん、山口君が加わりました。(2009.4)

■ 増渕君(D2)が春季 第56回応用物理学会にて発表しました。(2009.4.1)
  「AFMリソグラフィーによる単層グラフェンの微細加工」

■ 小野君(M2)が日本物理学会第64回年次大会にて発表しました。(2009.3.28)
  「AFMリソグラフィーにより作製したグラフェンナノリボンの量子輸送特性」

■ 増渕君(D2)の論文が掲載されました。(2009.2)
  “Fabrication of graphene nanoribbon by local anodic oxidation lithography using atomic force
  microscope”

  S. Masubuchi, M. Ono, K. Yoshida, K. Hirakawa, and T. Machida
  Appl. Phys. Lett. 94, 082107-1-3 (2009)

■ 増渕君(D2)の論文が掲載されました。(2008.11)
   “Observation of half-integer quantum Hall effect in single-layer graphene using pulse magnet”
   S. Masubuchi, K. Suga, M. Ono, K. Kindo, S. Takeyama, and T. Machida
   J. Phys. Soc. Jpn. 77,113707 (2008)

■ 増渕君(D2)が物性科学領域横断研究会(本郷キャンパス 2008.11.29-30)にて発表しました。
   「パルス強磁場を利用した単層・二層グラフェンにおける量子ホール効果の観測」

■ 増渕君(D2)が国際会議ISGD2008(会津大学 2008.11.16-19)にて発表しました。
   “Observation of quantum Hall effect and magnetoresistance effect in single-layer graphene”
   S. Masubuchi, M. Ono, K. Suga, S. Takeyama, and T. Machida

■ 日本物理学会秋季大会(岩手大学 2008.9.20-23)にて発表しました。
   「動的核スピン偏極によるν=2/3分数量子ホール状態のスピン相転移点シフト」 川村稔(特任助教)
   「量子ホール効果ブレークダウンを利用した歪みによる電気四重極分離の観測」 山下達也(M1)

■ 秋季第69回応用物理学会(中部大学 2008.9.2-5)にて発表しました。
   「単層グラフェンにおける量子ホール効果と磁気抵抗効果の観測」 小野雅司(M2)

■ 小野君(M2)が国際会議EPS - CMD 22(ローマ 2008.8.25-29)にて発表しました。
  “Magnetoresistance and Fabry-P´erot interference in graphene spin valv devices”
   M. Ono, S. Masubuchi, K. Hamaya, M. Kawamura, T. Machida
  
■ 川村君(特任助教)が国際会議LT25(アムステルダム 2008.8.6-13)にて発表しました。
  “Coherent manipulation of nuclear spins in the breakdown regime of integer quantum Hall states”
   M. Kawamura, H. Takahashi, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, and T. Machida

■ 新メンバー(M1) 小林君、山下君が加わりました。(2008.4)

■ 杉原さん(M2)の論文が掲載されました。(2008.3)
   “Valley-splitting edge-channel transport in a Si/SiGe quantum Hall system”
   K.Sugihara, K.Hamaya, M.Kawamura, K.Sawano, Y.Shiraki, and T.Machida
   Physica E. 40, 1523-1525(2008)

■ 2008年春季 第55回応用物理学会(日本大学 2008.3.27-30)にて発表しました。
  「強磁性電極/半導体量子ドット/非磁性電極ナノ接合における電気伝導特性」 北畠未来(M2)
  「量子ホール効果ブレークダウンを利用した核スピンのコヒーレント制御」 高橋裕之(M2)

■ 日本物理学会 第63回年次大会(近畿大学 2008.3.22-26.)にて発表しました。
  「Si/SiGe量子ホールダイオードにおけるトンネル電流のスピン依存性」 杉原加織(M2)
  「分数量子ホール効果ブレークダウン領域における動的核スピン偏極」 川村稔(特任助教) 
  「単層グラフェンにおける異常量子ホール効果の観測」 増渕覚(D1)
  「単層グラフェンにおけるスピン依存伝導の観測」 小野雅司(M1)

■ 川村君(特任助教)の論文が掲載されました。(2008.2)
  “Dynamic Nuclear Polarization in a Quantum Hall Corbino Disk”
  Minoru Kawamura, Hiroyuki Takahashi, Satoru Masubuchi, Yoshiaki Hashimoto, Shingo Katsumoto,
  Kohei Hamaya, and Tomoki Machida
  J. Pys. Soc. Jpn. Vol.77 No.023710 (2008)

■ 浜屋君(特任助教)の論文が掲載されました。(2008.2)
  “Oscillatory changes in the tunneling magnetoresistance effect in semiconductor quantum-dot
  spin valves”
  K. Hamaya, M. Kitabatake, K. Shibata, M. Jung, M. Kawamura, S.Ishida, T. Taniyama, K. Hirakawa,
  Y. Arakawa, and T. Machida
  Phys. Rev. B. 77, 081302 (2008)


■ 国際シンポジウムQNSP(東京大学)にて発表予定しました。(2010.3.9- 11)
  “Spin-dependent transport in a single InAs quantum dot attached to ferromagnetic nanogap electrodes”
  T. Machida, K. Hamaya, K. Shibata, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa
  “Nuclear Spin Polarization Induced by Breakdown of Integer and Fractional Quantum Hall Effect
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto and T. Machida
  “Fabrication of graphene nanoribbon by atomic force microscopy induced local oxidation
  S. Masubuchi, M. Arai, T. Yamaguchi, K. Yoshida, K. Hirakawa and T. Machida
  “Fabrication of Single-electron Transistor Composed of a Self-assembled Quantum Dot and Nanogap
  Electrode by Atomic Force Microscope Local Oxidation
  R. Moriya, H. Kobayashi, K. Shibata, S. Masubuchi, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa and T. Machida

■ 川村君(現:理化学研究所)の論文が掲載されました。(2010.1.19)
  “Strain-induced enhancement of electric quadrupole splitting in resistively detected
   nuclear magnetic resonance spectrum in quantum Hall systemst
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, K. Hamaya, and T. Machida
  Appl. Phys. Lett. 96, 032102-1-3(2010)

■ 浜屋君(現:九州大学)がPASPS-14(慶応義塾大学)にて発表しました。(2009.12.22)
  「単一量子ドット/強磁性電極ナノ接合における スピンブロッケイドの観測 」

■ 日本物理学会秋季大会(熊本大学)にて発表しました。(2009.9.25-26)
  「核スピンをプローブとした量子ホール端状態におけるスピン偏極状態の検出」 M2山下達也
  「グラフェン量子ホール系における量子輸送現象」 M1山口健洋
  「グラフェン二重量子ドットにおけるドット間結合の制御」 M1荒井美穂

■ 2009年秋季 応用物理学会(富山大学)にて発表しました。(2009.9.10)
  「AFMリソグラフィーによる単一InAs量子ドットへのナノギャップ電極作製」 M2小林弘侑
  「単層グラフェン量子ドット・二重結合量子ドットの輸送特性」 D3増渕覚

■ 国際会議EP2DS(神戸)にて発表しました。(2009.7.23)
  “Gate-controlled magnetoresistance effect in graphene spin-valve devices” D3増渕覚

■ 浜屋君(現:九州大学)の論文が掲載されました。(2009.6.12)
   “Spin-related current suppression in a semiconductor-quantum-dot spin-diode structure
  K. Hamaya, M. Kitabatake, K. Shibata, M. Jung, S. Ishida, T. Taniyama, K Hirakawa,Y. Arakawa,
  and T. Machida
   Phys. Rev. Lett. 102, 236806-1-4 (2009)

■ 川村君(現:理化学研究所)の論文が掲載されました。(2009.5.7)
  “Dynamic nuclear polarization induced by breakdown of fractional quantum Hall l effect
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, K. Hamaya, and T. Machida
  Phys. Rev. B 79, 193304-1-4 (2009)

■ 新メンバー (特任助教)守谷君、 (M1)荒井さん、山口君が加わりました。(2009.4)

■ 増渕君(D2)が春季 第56回応用物理学会にて発表しました。(2009.4.1)
  「AFMリソグラフィーによる単層グラフェンの微細加工」

■ 小野君(M2)が日本物理学会第64回年次大会にて発表しました。(2009.3.28)
  「AFMリソグラフィーにより作製したグラフェンナノリボンの量子輸送特性」

■ 増渕君(D2)の論文が掲載されました。(2009.2)
  “Fabrication of graphene nanoribbon by local anodic oxidation lithography using atomic force
  microscope”

  S. Masubuchi, M. Ono, K. Yoshida, K. Hirakawa, and T. Machida
  Appl. Phys. Lett. 94, 082107-1-3 (2009)

■ 増渕君(D2)の論文が掲載されました。(2008.11)
   “Observation of half-integer quantum Hall effect in single-layer graphene using pulse magnet”
   S. Masubuchi, K. Suga, M. Ono, K. Kindo, S. Takeyama, and T. Machida
   J. Phys. Soc. Jpn. 77,113707 (2008)

■ 増渕君(D2)が物性科学領域横断研究会(本郷キャンパス 2008.11.29-30)にて発表しました。
   「パルス強磁場を利用した単層・二層グラフェンにおける量子ホール効果の観測」

■ 増渕君(D2)が国際会議ISGD2008(会津大学 2008.11.16-19)にて発表しました。
   “Observation of quantum Hall effect and magnetoresistance effect in single-layer graphene”
   S. Masubuchi, M. Ono, K. Suga, S. Takeyama, and T. Machida

■ 日本物理学会秋季大会(岩手大学 2008.9.20-23)にて発表しました。
   「動的核スピン偏極によるν=2/3分数量子ホール状態のスピン相転移点シフト」 川村稔(特任助教)
   「量子ホール効果ブレークダウンを利用した歪みによる電気四重極分離の観測」 山下達也(M1)

■ 秋季第69回応用物理学会(中部大学 2008.9.2-5)にて発表しました。
   「単層グラフェンにおける量子ホール効果と磁気抵抗効果の観測」 小野雅司(M2)

■ 小野君(M2)が国際会議EPS - CMD 22(ローマ 2008.8.25-29)にて発表しました。
  “Magnetoresistance and Fabry-P´erot interference in graphene spin valv devices”
   M. Ono, S. Masubuchi, K. Hamaya, M. Kawamura, T. Machida
  
■ 川村君(特任助教)が国際会議LT25(アムステルダム 2008.8.6-13)にて発表しました。
  “Coherent manipulation of nuclear spins in the breakdown regime of integer quantum Hall states”
   M. Kawamura, H. Takahashi, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, and T. Machida

■ 新メンバー(M1) 小林君、山下君が加わりました。(2008.4)

■ 杉原さん(M2)の論文が掲載されました。(2008.3)
   “Valley-splitting edge-channel transport in a Si/SiGe quantum Hall system”
   K.Sugihara, K.Hamaya, M.Kawamura, K.Sawano, Y.Shiraki, and T.Machida
   Physica E. 40, 1523-1525(2008)

■ 2008年春季 第55回応用物理学会(日本大学 2008.3.27-30)にて発表しました。
  「強磁性電極/半導体量子ドット/非磁性電極ナノ接合における電気伝導特性」 北畠未来(M2)
  「量子ホール効果ブレークダウンを利用した核スピンのコヒーレント制御」 高橋裕之(M2)

■ 日本物理学会 第63回年次大会(近畿大学 2008.3.22-26.)にて発表しました。
  「Si/SiGe量子ホールダイオードにおけるトンネル電流のスピン依存性」 杉原加織(M2)
  「分数量子ホール効果ブレークダウン領域における動的核スピン偏極」 川村稔(特任助教) 
  「単層グラフェンにおける異常量子ホール効果の観測」 増渕覚(D1)
  「単層グラフェンにおけるスピン依存伝導の観測」 小野雅司(M1)

■ 川村君(特任助教)の論文が掲載されました。(2008.2)
  “Dynamic Nuclear Polarization in a Quantum Hall Corbino Disk”
  Minoru Kawamura, Hiroyuki Takahashi, Satoru Masubuchi, Yoshiaki Hashimoto, Shingo Katsumoto,
  Kohei Hamaya, and Tomoki Machida
  J. Pys. Soc. Jpn. Vol.77 No.023710 (2008)

■ 浜屋君(特任助教)の論文が掲載されました。(2008.2)
  “Oscillatory changes in the tunneling magnetoresistance effect in semiconductor quantum-dot
  spin valves”
  K. Hamaya, M. Kitabatake, K. Shibata, M. Jung, M. Kawamura, S.Ishida, T. Taniyama, K. Hirakawa,
  Y. Arakawa, and T. Machida
  Phys. Rev. B. 77, 081302 (2008)

■ 国 際シンポジウムQNSP(東京大学)にて発表予定しました。(2010.3.9-11)
  “Spin-dependent transport in a single InAs quantum dot attached to ferromagnetic nanogap electrodes”
  T. Machida, K. Hamaya, K. Shibata, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa
  “Nuclear Spin Polarization Induced by Breakdown of Integer and Fractional Quantum Hall Effect
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto and T. Machida
  “Fabrication of graphene nanoribbon by atomic force microscopy induced local oxidation
  S. Masubuchi, M. Arai, T. Yamaguchi, K. Yoshida, K. Hirakawa and T. Machida
  “Fabrication of Single-electron Transistor Composed of a Self-assembled Quantum Dot and Nanogap
  Electrode by Atomic Force Microscope Local Oxidation
  R. Moriya, H. Kobayashi, K. Shibata, S. Masubuchi, K. Hirakawa, S. Ishida, Y. Arakawa and T. Machida

■ 川村君(現:理化 学研究所)の論文が掲載されました。(2010.1.19)
  Strain-induced enhancement of electric quadrupole splitting in resistively detected
   nuclear magnetic resonance spectrum in quantum Hall systemst

  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, K. Hamaya, and T. Machida
  Appl. Phys. Lett. 96, 032102-1-3(2010)

■ 浜屋君(現:九州大学)がPASPS-14(慶応義塾大学)にて発表しました。(2009.12.22)

  「単一量子ドット/強磁性電極ナノ接合における スピンブロッケイドの観測 」

■ 日本物理学会秋季大会(熊本大学)にて発表しました。(2009.9.25-26)
  「核スピンをプローブとした量子ホール端状態におけるスピン偏極状態の検出」 M2山下達也
  「グラフェン量子ホール系における量子輸送現象」 M1山口健洋
  「グラフェン二重量子ドットにおけるドット間結合の制御」 M1荒井美穂


■ 2009年秋季 応用物理学会(富山大学)にて発表しました。 (2009.9.10)
  「AFMリソグラフィーによる単一InAs量子ドットへのナノギャップ電極作製」 M2小林弘侑
  「単層グラフェン量子ドット・二重結合量子ドットの輸送特性」 D3増渕覚

■ 国際会議EP2DS(神戸)にて発表しました。(2009.7.23)
  “Gate-controlled magnetoresistance effect in graphene spin-valve devices” D3増渕覚

■ 浜屋君(現:九州大学)の論文が掲載されました。(2009.6.12)

   Spin-related current suppression in a semiconductor-quantum-dot spin-diode structure
  K. Hamaya, M. Kitabatake, K. Shibata, M. Jung, S. Ishida, T. Taniyama, K Hirakawa,Y. Arakawa,
  and T. Machida
   Phys. Rev. Lett. 102, 236806-1-4 (2009)


■ 川村君(現:理化学研究所)の論文が掲載されました。(2009.5.7)
  Dynamic nuclear polarization induced by breakdown of fractional quantum Hall l effect
  M. Kawamura, M. Ono, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, K. Hamaya, and T. Machida
  Phys. Rev. B 79, 193304-1-4 (2009)

■ 新メンバー (特任助教)守谷君、 (M1)荒井さん、山口君が加わりました。(2009.4)

■ 増渕君(D2)が春季 第56回応用物理学会にて発表しました。(2009.4.1)
  「AFMリソグラフィーによる単層グラフェンの微細加工」

■ 小野君(M2)が日本物理学会第64回年次大会にて発表しました。 (2009.3.28)
  「AFMリソグラフィーにより作製したグラフェンナノリボンの量子輸送特性」

■ 増渕君(D2)の論文が掲載されました。(2009.2)
  “Fabrication of graphene nanoribbon by local anodic oxidation lithography using atomic force
  microscope”

  S. Masubuchi, M. Ono, K. Yoshida, K. Hirakawa, and T. Machida
  Appl. Phys. Lett. 94, 082107-1-3 (2009)

■ 増渕君(D2)の論文が掲載されました。(2008.11)
   “Observation of half-integer quantum Hall effect in single-layer graphene using pulse magnet”
   S. Masubuchi, K. Suga, M. Ono, K. Kindo, S. Takeyama, and T. Machida
   J. Phys. Soc. Jpn. 77,113707 (2008)

■ 増渕君(D2)が物性科学領域横断研究会(本郷キャンパス 2008.11.29-30)にて発表しました。
   「パルス強磁場を利用した単層・二層グラフェンにおける量子ホール効果の観測」

■ 増渕君(D2)が国際会議ISGD2008(会津大学 2008.11.16-19)にて発表しました。
   “Observation of quantum Hall effect and magnetoresistance effect in single-layer graphene”
   S. Masubuchi, M. Ono, K. Suga, S. Takeyama, and T. Machida

■ 日本物理学会秋季大会(岩手大学 2008.9.20-23)にて発表しました。
   「動的核スピン偏極によるν=2/3分数量子ホール状態のスピン相転移点シフト」 川村稔(特任助教)
   「量子ホール効果ブレークダウンを利用した歪みによる電気四重極分離の観測」 山下達也(M1)

■ 秋季第69回応用物理学会(中部大学 2008.9.2-5)にて発表しました。
   「単層グラフェンにおける量子ホール効果と磁気抵抗効果の観測」 小野雅司(M2)

■ 小野君(M2)が国際会議EPS - CMD 22(ローマ 2008.8.25-29)にて発表しました。
  “Magnetoresistance and Fabry-P´erot interference in graphene spin valv devices”
   M. Ono, S. Masubuchi, K. Hamaya, M. Kawamura, T. Machida
  
■ 川村君(特任助教)が国際会議LT25(アムステルダム 2008.8.6-13)にて発表しました。
  “Coherent manipulation of nuclear spins in the breakdown regime of integer quantum Hall states”
   M. Kawamura, H. Takahashi, Y. Hashimoto, S. Katsumoto, and T. Machida

■ 新メンバー(M1) 小林君、山下君が加わりました。(2008.4)

■ 杉原さん(M2)の論文が掲載されました。(2008.3)
   “Valley-splitting edge-channel transport in a Si/SiGe quantum Hall system”
   K.Sugihara, K.Hamaya, M.Kawamura, K.Sawano, Y.Shiraki, and T.Machida
   Physica E. 40, 1523-1525(2008)

■ 2008年春季 第55回応用物理学会(日本大学 2008.3.27-30)にて発表しました。
  「強磁性電極/半導体量子ドット/非磁性電極ナノ接合における電気伝導特性」 北畠未来(M2)
  「量子ホール効果ブレークダウンを利用した核スピンのコヒーレント制御」 高橋裕之(M2)

■ 日本物理学会 第63回年次大会(近畿大学 2008.3.22-26.)にて発表しました。
  「Si/SiGe量子ホールダイオードにおけるトンネル電流のスピン依存性」 杉原加織(M2)
  「分数量子ホール効果ブレークダウン領域における動的核スピン偏極」 川村稔(特任助教) 
  「単層グラフェンにおける異常量子ホール効果の観測」 増渕覚(D1)
  「単層グラフェンにおけるスピン依存伝導の観測」 小野雅司(M1)

■ 川村君(特任助教)の論文が掲載されました。(2008.2)
  “Dynamic Nuclear Polarization in a Quantum Hall Corbino Disk”
  Minoru Kawamura, Hiroyuki Takahashi, Satoru Masubuchi, Yoshiaki Hashimoto, Shingo Katsumoto,
  Kohei Hamaya, and Tomoki Machida
  J. Pys. Soc. Jpn. Vol.77 No.023710 (2008)

■ 浜屋君(特任助教)の論文が掲載されました。(2008.2)
  “Oscillatory changes in the tunneling magnetoresistance effect in semiconductor quantum-dot
  spin valves”
  K. Hamaya, M. Kitabatake, K. Shibata, M. Jung, M. Kawamura, S.Ishida, T. Taniyama, K. Hirakawa,
  Y. Arakawa, and T. Machida
  Phys. Rev. B. 77, 081302 (2008)